包茎について 目次

包茎とは

包茎とは

包茎は全ての子供の男の子に見られるもので、おちんちんの先が皮を被った状態のことを言います。
男の子の子供がいる家庭では幼稚園に入る程度の年齢になったら、親が包茎かどうか確認してあげる必要があります。
また、おちんちんの皮に被っている部分を清潔にしてあげる習慣を教えてあげる意味でも、お父さんが一緒にお風呂に入ったときに皮をむく作業を行ってあげると良いでしょう。
ただし、あまり小さいころから無理に皮をむく必要はありません。
仮性包茎や真性包茎の場合では、初めての時には痛みが出る事もあるようです。
母親しかいない場合でも、怖がらずに行う事が大切です。
仮性包茎は包茎の中でも多いタイプで、手術などが必要なく、皮の内部にゴミが溜まりやすいので、入浴の時には皮をむいて洗う必要があります。
日常生活や性生活にも支障がありません。
ただ仮性包茎の場合は、尿路感染症や性感染症などの感染症にかかりやすいので、適切なケアが必要なのです。
真性包茎では亀頭の部分が出ない状態で、皮がむけることがありません。
皮の内側に細菌などが繁殖したり、性生活にも支障が出るので手術が必要です。
包茎の人は本人が感染症にかかりやすいというデメリットもありますが、性行為により女性に性感染症をひき起こす可能性もあります。
自分で判断する場合には、皮をむいて亀頭の部分が露出できるかどうかで行います。
癒着して露出できないケース、皮の口が狭く亀頭が外に出られないケースは真性包茎になります。
仮性包茎は、通常は亀頭が皮に包まれている状態ですが、勃起時には外に出る状態のことを言います。
日本の男性はこのタイプが多く、手で無理なくむける事が出来れば問題ありません。
他の国でもヨーロッパでは、90%が仮性包茎だと言われており、特に問題なく普通の状態と言えるかもしれません。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline