包茎を自分で治せるか?

包茎の重度によもよりますが、軽度の場合では自分で治す事もできます。
軽い真性包茎の場合では、自分で繰り返し皮をむくことにより、自分で包茎を治してしまった人も多くいます。
真性包茎の中でも皮の癒着が無い、亀頭の先が多少出る程度の場合には、入浴時などに何度か痛みが無い程度に繰り返すと良いでしょう。
皮を固定しておく専用の器具も売られていますから、利用してみると良いでしょう。
しかし、癒着が激しい場合や、入り口が狭くて亀頭を出す事が出来ない場合は、無理に行うとカントン包茎になってしまう恐れもあります。
また、痛みも激しく出血してしまうので、包茎の程度によっては手術しか方法が無い事もあります。
通常は皮がかぶっている仮性包茎は日常生活に問題がありませんし、性生活にも支障が無いので通常の状態と言っても良いでしょう。
その証拠に健康保険がきくのは真性包茎の時だけです。
見た目を気にし、常に皮が向けている状態にする必要はありません。
日本人の殆どが仮性包茎ですから、公共の浴場で恥ずかしい思いをする事もありませんし、女性も仮性包茎に対する偏見は意外と持っていません。
しかし、何らかのコンプレックスを持っているなら、包茎を治す器具を利用してみるのも一つの方法でしょう。
しかし、包茎を自分で治すには時間がかかることを忘れてはなりません。
短時間でお金を多少かけても良いというなら包茎のクリニックを利用するのが一番です。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline