成人の場合、自力で直すのは難しい

子供は全てが包茎です。
年齢と共に皮が自然とむけてきたり、ある年齢になると親がむいてあげます。
その為、仮性包茎か皮がむけている状態に変わっていきます。
子供の頃に真性包茎であっても、親が何度か皮をむいてあげるようにしていると、仮性包茎になる可能性もあります。
しかし、大人になってしまうと皮が癒着してしまったり、自分では皮をむく事ができなくなってしまいます。
真性包茎になってしまった人の一部は、自分で包茎を治す事が困難で、クリニックで手術をしなければなりません。
皮を自分でむくときに多少の痛みが出るときには、皮は癒着していませんから、根気良く続けていけば仮性包茎にする事は可能です。
しかし、強い痛みが出るときには、癒着が大きく手術しか方法が無いでしょう。
また、大人になるまで皮をむかないでいると、入り口が狭い状態で固まってしまい、自分で広げる事が困難になってしまう事もあるのです。
その場合も、包茎の手術によって入り口を開きます。
真性包茎でも自分で少しずつ皮をむく事が出来れば、自分で治す事が出来ますが、大人になってしまうと難しい場合もあるのです。
できれば子供の頃から皮をむく習慣を付け、むきにくい時には何度か行っておく必要があるでしょう。
比較的自分で治しやすいのが、仮性包茎です。
元々皮をむく事が出来ますし、器具を利用し長期間固定していれば、常に露出している状態にする事も出来ます。
自分の包茎の状態によっては、大人になると治しにくい事を知っておきましょう。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline