包茎の手術

自分で治療を行っても包茎が治らなかった、癒着が酷い場合などにはクリニックで包茎の手術を受ける必要があります。
真性包茎の場合は排尿が困難になったり、精子が出にくくなって男性の不妊になる事もあるので健康保険が適用されます。
包茎の手術でも見た目の問題を解消させる、仮性包茎では美容目的と解釈されるのです。
環状切開では、包皮をぐるっと輪を描くように切開する方法ですが、手術跡が残りやすく見た目には良くありません。
その他には背面切開なども行われています。
この方法は新生児などに使われる方法で、背面部分を切開し皮がむけやすくする方法です。
包茎を直接治す方法ではありません。
美容整形外科で一般的に行われているのが、亀頭直下埋没法で、目立たない部分で切除と縫合を行うため自然にむけたような仕上がりになります。
他にはレーザーを利用した方法、マイクロ・サージェリー法など様々な方法があります。
クリニックでも定評がある上野クリニックでは、複合曲線作図法を利用しており、傷跡が残らない患者一人一人にあった方法を行っています。
包茎手術のトラブルとしては、皮の縫い合わせの状態によって傷が目立つ事と、勃起した時に皮がつっぱることです。
上野クリニックでは、患者一人一人の皮の余り具合に合わせた方法ですから、傷跡が残らず皮がつっぱる事もありません。
包茎の手術を成功させるためには、手術の方法についても詳しく知る必要があるのです。
それぞれの手術方法のデメリットとメリットを調べてみましょう。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline