包茎は百害あって一利なし

包茎にも仮性包茎と真性包茎がありますが、特に真性包茎の場合では「百害あって一利なし」という言葉がぴったりと当てはまります。
皮の内部に細菌やウイルスが繁殖し、皮膚病や感染症などの病気になるリスクが高まります。
場合によっては排尿の問題や、性生活に支障が出る事もあるでしょう。
仮性包茎では清潔に心がける事で、これらのリスクは少なくする事ができますが、亀頭が露出している人に比べるとやはりそのリスクは大きくなってしまいます。
包茎は本人も問題が起こりますが、女性に対する感染症の問題もあります。
中でも子宮頸がんの原因になるウイルスを感染させてしまう事もあるのです。
今まで子宮頸がんの原因は分かっていない部分もあったのですが、子宮頸がんの原因となるウイルスが見つかり、男性側からの感染が原因だという事が分かったのです。
女性が子宮頸がんにならない為には、相手の男性がウイルスを保有していない事が前提となります。
しかし、包茎の場合はそのウイルスに感染してしまうリスクを高めている事になるのです。
これは真性包茎だけでなく、仮性包茎にも見られる現象で、包茎である男性と性交渉をした女性が子宮頸がんになる割合が高くなっているという統計も取られています。
包茎は本人にとっても、パートナーにとっても百害あって一利もない状態なのです。
また、本人の見た目のコンプレックスの原因になる事もありますし、包茎では女性にもてないという事もあるでしょう。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline