手術は早いほど良い

包茎の手術に踏み切るなら早い断簡で行う方が良いでしょう。
通常子供の包茎の手術はしませんから、18歳になった頃に手術を検討してみてください。
思春期の頃の年齢でもありますから、親が気にかけてあげましょう。
体にコンプレックスがあると、心の成長にも支障が出てしまいます。
包茎手術が早い方が良いのは、精神的なものだけではありません。
包茎は感染症にかかりやすいので、清潔を保ち病気にかからない為にも手術を早めに受けるべきです。
しかし、子供の場合は真性包茎であっても、成長に従い仮性包茎に移行し問題なくなる場合もあります。
日常生活に支障がある、炎症を繰り返し起こしているなどの場合では医師に相談の上、必要なら手術を受けるようにしてください。
大人の包茎の場合でも、日常生活や性生活に支障が無い仮性包茎の場合では手術をしなくても治る事もあります。
真性包茎の場合で、無理に皮をむく事を行うと、カントン包茎になってしまう事もあります。
カントン包茎は入り口が狭いため、無理やり出した亀頭が元に戻らなくなり、血流が悪くなってしまう状態です。
このような状態では亀頭が壊死してしまう可能性も出てくるので、手術の必要性が出てきます。
包茎の場合によっては手術が必要となり、手術を行う必要があるなら早めに行ったほうが良いでしょう。
カントン包茎になってしまった場合には、亀頭が元に戻らなくて激痛を感じる事もあるのです。
あくまでも必要があるなら早めに手術を受けたほうが良いという話になります。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline