包茎手術の失敗例

包茎手術には失敗による危険性があります。
その為、クリニック選びは慎重に行い、包茎の手術方法に関しても良く知っておく必要があるでしょう。
包茎手術に失敗すると、手術方法によっては傷跡が残り、手術前よりも恥ずかしいという気持ちが強くなってしまう事があります。
男性はトイレなどで見えてしまう部分ですから、手術方法を良く選ぶ必要があるでしょう。
術後は痛みがあるのが通常ですが、勃起不全や性感が減少してしまうリスクもあります。
また、皮を縫い合わせる手術方法では、勃起したときに皮がひきつれる事もあります。
これは余っている皮を切除し、縫い合わせたためで、勃起したときのサイズを考えて手術を行っていないためです。
また、性交渉も1ヶ月など制限される事もあるので、ある程度時期を見て行う必要があるでしょう。
包茎手術には何十万円もかけて行ったにも関わらず、後遺症に悩まされている方もいます。
皮の一部を切除したために、性感を感じる箇所をなくし、射精に時間がかかる、皮がつっぱるなどが主な症状となっています。
一度切除してしまった部分は元に戻りませんから、包茎の手術の方法とそのリスクに関して良く調べる事が大切です。
勃起したときに十分な皮が余っていない人は、皮を切除する事によりつっぱり感が出てしまいます。
勃起して亀頭が出るような状態では、仮性包茎ですから、元々手術は必要ない状態だといえるでしょう。
このように手術に対するリスクの説明や、手術を受ける必要が無い患者の診察など適切な医療が行われているクリニックを利用すれば、包茎手術のトラブルも避けられるはずです。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline