傷跡の残らない手術

包茎手術を失敗させないためには、傷跡が残らない、皮がつっぱらない手術方法が必要となります。
中でも定評の高い、上野クリニックでは傷跡が残らない手術方法を行っているのでお勧めです。
手術時間は30〜40分程度でそれ程長い時間ではありませんが、カウセリングを十分行い、その人に合わせた皮の状態を把握します。
複合曲線作図法と呼ばれる方法は、高度な切除法を採用し、傷跡が亀頭の下に隠れるように行います。
傷が残りたくないなど希望がある場合は、上野クリニックでカウセリングを受けていただくと良いでしょう。
その場合もカウセリングは無料ですから、相談だけでも問題ありません。
ネットで色々と調べていると、包茎手術により傷跡が残ったというトラブルがあとと経ちません。
しかし、元々傷跡が目立ち安い包茎の手術方法もある為、手術を受ける際にはよく説明を聞き、納得いった場合にのみ行う事が大切です。
定評の良いクリニックで適切な方法を利用し、腕の良い医師により包茎手術を受ければ傷跡は殆ど残りません。
縫い合わせる箇所のやり方が悪かったり、術後のケアに問題がある場合もあります。
あまりにも縫い合わせ方が雑な場合では、術後に強い痛みを生じ腫れが強くなります。
通常の方法でも2〜3日程度は痛みが続きますが、ガマンできないほどだったり、痛み止めで効かない程の強い痛みではありません。
当然縫い合わせている為、しばらくの間は引きつれる感じもします。
大切なのは評判の良いクリニックを選ぶ事と、その手術方法のリスクやデメリットなどをよく理解のうえ行ってください。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline