包茎の種類 目次

仮性包茎
真性包茎
カントン包茎

仮性包茎

仮性包茎
仮性包茎:勃起時や手で皮をむけば亀頭が露出する状態
出典:wikipedia
仮性包茎とは、通常の状態で亀頭が皮に覆われている事を言います。
日本人の殆どが仮性包茎の状態にあり、これ自体は病気とはいえません。
軽度の仮性包茎の場合では、勃起した時や手で皮をむいた時には亀頭を出す事ができます。
問題なく亀頭が出る事ができれば、日常生活や性生活に支障が出る事はありません。
動物の多くは亀頭が露出する事は無く、人間のみに現れる形だといえます。
他の動物は性行為をするときにだけ、亀頭を出し、通常は保護する為に皮で覆われています。
人間も本来その状態が自然とも言え、日常生活に問題なければ気にすることではありません。
ただし、仮性包茎でも亀頭の部分に炎症を起こしやすいなど問題がある場合は、適切な処置が必要な場合もあるでしょう。
また、子供の頃には手術という選択を行わず、ある程度体が成長するまで様子を見る事が一般的です。
包茎の手術を行う場合には、体の成長が止まる18歳程度で行います。
仮性包茎は異常でもなければ、病気でも無い自然な状態ですが、本人が気にしている場合や日常生活に支障が起こる時には簡単な器具を利用しなおす方法もあります。
仮性包茎でも手術が必要なのは、皮が余っている為細菌が繁殖しやすい場合や、早漏に悩んでいる場合です。
仮性包茎は日常生活や性生活に支障が無い状態だと言えますが、これらの状態が起こりやすい時には手術を行った方がよいでしょう。
細菌が繁殖しやすいと感染症を引き起こし、性生活によって女性にも移してしまう恐れがあるからです。
普段入浴時にきちんと洗っていれば問題ない事が多いようですが、早漏などを併発している時には手術を考えてみると良いでしょう。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline