包茎のデメリット

包茎には様々なデメリットが存在しています。
包茎である精神的なリスクもありますし、身体的な問題もあります。
例えば性生活に支障が出るケースです。
包茎の場合には亀頭が露出しないために、女性に満足させる事も難しく、本人も亀頭がヒリヒリとすれて痛みを生じる事もあります。
また、真性包茎では精子が外に出にくい為、子宮に精子を届けることが出来ずに男性側の不妊となってしまいます。
包茎は亀頭が常に皮に覆われている状態にあるので、皮の内部にゴミや垢が溜まりやすくなります。
その為、臭いの原因になったり、細菌の発生により炎症を起こしたり、性感染症に起こりやすくなります。
仮性包茎の場合では亀頭を出す事が出来るので、そのリスクは良く洗う事で防ぐ事が出来ますが、仮性包茎の場合ではいくら清潔にしていても防ぐ事は出来ません。
その他には包茎で悩んでいる人の多くは、公共の入浴場や性生活において他人に見られたくないという精神的な苦痛があるでしょう。
日本人の殆どが仮性包茎という事実があるため、日常生活や性生活に問題なければ悩む必要は無いのですが、包茎に対する間違った解釈によって悩んでいる人も多いと思います。
通常の時は、仮性包茎なのか真性包茎なのか他人に知られる事はありませんが、性生活の時には女性に知られてしまう事があります。
女性側でも真性包茎を嫌う人が多く、知られてしまう事で、精神的なダメージは大きい事でしょう。
これらのデメリットを解消するには、包茎の手術しか方法がありません。
自分で治す方法などもあるようですが、完璧に治るとも言い切れず、また時間もかかるので手術を行って治す方法が一番です。
精神的なコンプレックスを感じている人は、病院に行くのもためらうと思いますが、手術されている方の殆どが手術後には悩んでいたのがもったいないと思うほどに精神的なリスクを解消しています。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline