仮性包茎でも危ない

日本人の殆どが仮性包茎ですから、自分が包茎である事を悩んでいる人はそれ程多いわけではありません。
しかし、性感染症や細菌の繁殖により皮膚の炎症を起こすリスクは、真性包茎と変わりません。
自分が仮性包茎だからといって清潔に保たなくても良いと考えている人は、真性包茎と同様のリスクを抱えている事になります。
仮性包茎は通常は亀頭が通常は皮で覆われていますが、手でむいたり勃起すると亀頭が露出します。
常に露出している人と機能的には殆ど変わりません。
しかし、通常は皮に覆われている事になるので、入浴時に皮をむいて汚れを落とす習慣が必要となるのです。
清潔に保つ習慣を持っていない人は、女性に嫌われる可能性は真性包茎と同じと考えておいてください。
仮性包茎は女性に対する満足感は与えられますが、臭いや汚れがある人とは性交渉を行いたいとは思いません。
皮の内部には多数の細菌が存在しており、女性に感染症を引き起こさせる原因になります。
女性の膣は非常にデリケートで、時期によっては免疫力が低くなり、感染症にかかりやすい時期もあるのです。
女性の為にもしっかりと洗う習慣を付けましょう。
仮性包茎は手術する必要が無く、自然な状態と言っても良いのですが、真性包茎と同様に不清潔にしていると病気のリスクを高める事を知り、場合によっては手術が必要な場合もあるでしょう。
子供の頃から常に関心を持つように教育するのが、父親の役目でもあり、清潔にする意味も教えておくようにしなければなりません。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline