包茎の治療

包茎の治療方法には自分で治す方法と、医療機関で手術を受ける方法になります。
真性包茎でも皮膚の癒着が無く、入り口が広がるタイプの人は自分で治す事も出来ます。
包茎を治す道具などを利用し、時間をかけてゆっくりと包茎を治すやり方です。
自分では治せない包茎だと判断したら医療機関で手術を受けることになります。
しかし、どちらの場合も医療機関で一度相談してみる事をお勧めします。
デリケートな部分でもあるので、家族や友人に相談する事も出来ません。
しかし、専門の医師になら相談する事が出来るでしょう。
もし、恥ずかしいという気持ちが合っても、二度と会うことが無い人だと考えておけば、問題なく相談する事が出来ると思います。
子供の頃は全てが包茎ですから、ある程度の年齢になったら親が皮をむいてあげなければなりません。
その時に包茎だと判断できても、成長に従い治ることもあるので、手術をする場合は18歳以降に行います。
包茎の治療方法には手術の方法がありますが、見た目を改善する目的の人は自分で治す方法を行ってからの方が良いでしょう。
包茎は自分でむく作業を少しずつ続けていくと自然と皮がむけるようになる人もいます。
仮性包茎や真性包茎などによっても違ってきますが、自分で皮が多少でもむけるようなら痛みが無い程度に繰り返し行うのも一つの方法です。
最終的に包茎の手術を選ぶ事になった時には、信頼の出来る実績のあるクリニックを選んでください。
その為にも包茎に関する知識を集め、手術に対する疑問点などを解消しておく必要があります。

包茎の手術を検討しているならまずはクリニックに相談してみることをおすすめします。包茎手術は、その方法も人によって変わってきます。当サイトでは、患者によって手術の方法をカウンセリングしてくれる上野クリニックをおすすめします。
手術費用もそれほど高いものではありません。 そして上野クリニックは全国に店舗がありますので安心です。詳しくはこちらをご覧下さい。
このページのTOPへ戻る


footline